Category: Automotif


apa kabar teman teman? kali ini aku ingin berbagi pengalaman saja dalam hal kuliah

anggap saja ini hanya cerita yaaah kalau bagus diambil hikmahnya kalau enggak yaah gapapa 😀

kuliah ku berkecimbung dalam dunia kesehatan, kata orang sehat itu mahal? iyah mahal kalau kita tak bisa menjaga karunia yang diberi Allah ini, kalau sudah terjadi sakit? baru kita bergegas (jowone : GOPOH) ada orang bilang kuliah kesehatan itu banyak pahalanya, yaah lihat lihat selagi itu bermanfaat bagi  orang lain yaah syah syah aja dibilang dapat pahala. OKE, disini kuliah ku tak hanya menyakut kesehatan orang saja? loh kok bisa? kesehatan itu emang ada banyak yaah? Yap banyak sekali, kesehatan itu luwes ilmunya. KESEHATAN LINGKUNGAN 2 kata itu sangat berpengaruh dalam kelangsungan kehidupan kita didunia ini. apalagi semakin tahun polusi tak bisa terbendung lagi looh teman? kalian lihat kan dilingkungan kalian bagaimana kondisi lingkungannya? naaah disini perananku dalam menghandle lingkungan (mempreventif kondisi lingkungan)

awal semester satu sudah berhadapan sama yang namanya vektor? sesuai tuntutan kurikulum mahasiswa mampu menguasai ilmu kesehatan lingkungan, mempreventif dan paham akan tugasnya “SANITARIAN” ohya, mau jelasin apa itu vektor? vektor itu bukan bilangan yang ada di mata pelajaran SMA loh gaays.. tetapi ini penyebab penyakit.. penyakit tanpa sebab itu tidak ada… vektor itu ada yang dari vektor biologis, biologis itu vektor yang dalam tubuhnya terdapat virus penyebab bakteri seperti penyakit DBD itu vektornya nyamuk dari proses biologis. sedang dari mekanik itu cholera, thypus, diare dari vektor lalat melalui mekanik (hinggapan tubuh lalat tersebut) diawal diajari membela namanya nyamuk ? bagaiamana rasa membelah barang kecil? yaah minta ampun butuh kejelian, tujuan dari bedah ovarium nyamuk untuk mengetahui apakah nyamuk itu pernah bertelur berapa kali.. semester pertama maah masih santai santainya tugas belum seberapa numpuk, namun karena kuliah ku itu katanya identik dengan mahasiswa bejibu tugas karena anak KEMENKES tak kenal lelah, dan tahan banting.. tapi itu belum keliatan, maka aku putuskan untuk mengikuti pengalaman berorganisasi Yah, awal PPSM POLTEKKES aku tertarik masuk BEM POLTEKKES

itu sudah tersetting rapi kalau aku berminat ke organisasi ini, sebelumnya aku enggak ikut namanya PK OSIS dan sejenisnya. Kuliah ini menampakkan jati diri pengen liat seberapa kuat untuk menghadapi masalah, aku berminat ikut.

Dan parahnya 3 Organisasi di kampus ku ikuti semua, SKIP-BEM, BEM,  UKKI, satunya Tesapala, namun aku gak kuat karena sebelum diklat harus kuat fisik, padahal aku gak suka dengan aturan ini, gak enjoy akhirnya 😀 maaf apabila ada yang merasa tersinggung (enjoy story mawon) gimana rasanya satu organisasi rapat? dijam yang sama? satunya rapat besok satunya rapat aduuh pusing kepala.. namun aku lewati dengan slow profile

semester satu sangat cepat, tibalah semester dua, alhamdulillah naik tingkat jare dewek 😀

tapi semakin berat tantangan di POLTEKKES kuliahnya serba serem matakuliahnya, KIMIA LINGKUNGAN, FISIKA LINGKUNGAN, MIKROBIOLOGI, EPIDEMIOLOGI dkk, bagaimana tidak, kita semester dua sudah disuruh terjun masyarakat gaays, ada rasa senang dan sedih see, senang bisa tenar dan merasa ini peluang baru harus dipelajari ilmu yang sangat bermanfaat sebagai surveilans lingkungan, sisi lain kegiatan didalam kampus yaitu praktek laboratorium tetep jalan loooh.. apalagi dalam kelas kuliah matakuliah lain. di sini jadwalnya terjadwal sistem kita tak boleh memilih matakuliah dan jam matakuliah.. mulai kuliah jam 07.30 selesai kuliah jam 15.30 itu jam rasanya tidak berfungsi karenakan menyesuaikan kondisi dosen dan harus ngelembur tugas dikampus.. organisasi tetep jalan, seribu cerita masih jalan ini (story live) dalam semester 2 ini pulangnya tidak tetap jam kuliah dijadwal , ini sering ngelembur malam gegara laporan epidemiologi (tugas besar) disertai tugas lainnya. ditambah organisasi tak lupa makanan sehari hari kuliah ( KURA KURA = Kuliah rapat Kuliah rapat)

KESEHATAN LINGKUNGAN POLTEKKES KEMENKES SURABAYA mempunyai mimpi

Mimpi Jurusan Kesehatan Lingkungan Surabaya, Politeknik Kesehatan Kementerian Kesehatan Surabaya saat ini adalah sesuai dengan visi Kesehatan Lingkungan yaitu Menjadi Lembaga Pendidikan Tinggi  Kesehatan Lingkungan yang unggul, mandiri dan inovatif dalam menghasilkan Tenaga Ahli Madya Kesehatan Lingkungan/Sanitarian yang professional, bermartabat dan menjunjung tinggi nilai-nilai kemanusiaan. Selaku  Ketua Jurusan Kesehatan Lingkungan Surabaya, Bapak Ferry Kriswandana, SST.,MT menyatakan harapannya di Dies Natalis Kesehatan Lingkungan Surabaya ke-55 yaitu:

  1. Meningkatkan profesionalisme lulusan sesuai kompetensinya sehingga diharapkan dapat bersaing di era globalisasi.
  2. Meningkatkan kerja sama antara pendidikan Kesehatan Lingkungan dengan instasi terkait dengan stakeholder lainnya untuk dapat menginventarisasi kebutuhan tenaga Kesehatan Lingkungan di lapangan.
  3. Meningkatkan jenjang/level pendidikan Kesehatan Lingkungan sampai dengan ke level 7 dan 8 (KKNI) tingkat Profesi dan Magister.

Program yang direncanakan Kesehatan Lingkungan Surabaya adalah menambah satu Program Studi yaitu Profesi dan Magister Kesehatan Lingkungan. Hal ini diharapkan lulusan tenaga Kesehatn Lingkungan bisa lebih berkompetensi di lapangan. Adapun mimpi besar yang dijabarkan dalam tiga misi utama di atas yaitu:

  1. Mengupayakan kemandirian dalam pelaksanaan Tri Dharma Perguruan Tinggi melalui pengembangan kelembagaan manajemen modern yang berorientasi pada mutu dan kemampuan bersaing secara nasional dan internasional.
  2. Menyelenggarakan pendidikan dalam suasana akademik dan edukatif serta menjunjung tinggi nilai-nilai kemanusiaan yang luhur yang mencerminkan masyarakat ilmiah yang terdidik.
  3. Melaksanakan kegiatan, pendidikan dan penelitian di bidang Kesehatan Lingkungan berdasarkan pada prosedur yang bersifat rasional, obyektif dan inovatif dengan berasaskan prinsip akuntabilitas.
  4. Menyelenggarakan proses pendidikan di bidang Kesehatan Lingkungan yang efektif dan efisien dalam rangka menghasilkan lulusan yang bermutu dalam waktu yang telah ditentukan.
  5. Menyediakan jasa dan kerjasama lintas sektor dengan berbagai pihak yang berkepentingan dengan perkembangan masyarakat yang berpengalaman (knowledge society)Pengembangan Kesehatan Lingkungan Surabaya juga tidak lepas dari peran para alumni. Hal ini tidak mengherankan, karena jumlah alumni Kesehatan Lingkungan Surabaya, sejak instansi masih bernama Kontroler Kesehatan, Akademi Kontrolir Kesehatan, Akademi Penilik Kesehatan, Pendidikan Ahli Madya Sanitasi Kesehatan Lingkungan, Akademi Kesehatan Lingkungan, hingga berubah menjadi Program Studi Kesehatan Lingkungan Surabaya, Jurusan Kesehatan Lingkungan Politeknik Kesehatan Surabaya sesuai Keputusan Menteri Kesehatan No. 1207/Menkes/SK/XI/2001.hingga Kesehatan Lingkungan telah mencapai lebih dari 10.000 alumni yang tersebar diseluruh wilayah indonesia.

    dalam mencapai tujuan tesebut mahasiswa nya diharapkan harus mampu mengelolah sanitasi, mengoperasi semua bentuk alat, bahan yang dibutuhkan dalam menunjang keberhasilan dalam memperventif lingkungan baik didalam gedung maupun diluar gedung

     

     

    Kesehatan lingkungan mempunyai lingkup begitu luas diantaranya :1. Menyediakan air bersih yang cukup dan memenuhi persyaratan kesehatan.
    2. Makanan dan minuman yang diproduksi dalam skala besar dan dikonsumsi secara luas oleh masyarakat.
    3. Pencemaran udara akibat sisa pembakaran BBM, batubara, kebakaran hutan, dan gas beracun yang berbahaya bagi kesehatan dan makhluk hidup lain dan menjadi penyebab terjadinya perubahan ekosistem.
    4. Limbah cair dan padat yang berasal dari rumah tangga, pertanian, peternakan, industri, rumah sakit, dan lain-lain.
    5. Kontrol terhadap arthropoda dan rodent yang menjadi vektor penyakit dan cara memutuskan rantai penularan penyakitnya.
    6. Perumahan dan bangunan yang layak huni dan memenuhi syarat kesehatan.
    7. Kebisingan, radiasi, dan kesehatan kerja.
    8. Survei sanitasi untuk perencanaan, pemantauan, dan evaluasi program kesehatan lingkungan

    Ruang lingkup kesehatan lingkungan
    Menurut WHO ada 17 ruang lingkup kesehatan lingkungan :
    1. Penyediaan Air Minum
    2. Pengelolaan air Buangan dan pengendalian pencemaran
    3. Pembuangan Sampah Padat
    4. Pengendalian Vektor
    5. Pencegahan/pengendalian pencemaran tanah oleh ekskreta manusia
    6. Higiene makanan, termasuk higiene susu
    7. Pengendalian pencemaran udara
    8. Pengendalian radiasi
    9. Kesehatan kerja
    10. Pengendalian kebisingan
    11. Perumahan dan pemukiman
    12. Aspek kesling dan transportasi udara
    13. Perencanaan daerah dan perkotaan
    14. Pencegahan kecelakaan
    15. Rekreasi umum dan pariwisata
    16. Tindakan-tindakan sanitasi yang berhubungan dengan keadaan epidemi/wabah, bencana alam dan perpindahan penduduk.
    17. Tindakan pencegahan yang diperlukan untuk menjamin lingkungan.
    Menurut Pasal 22 ayat (3) UU No 23 tahun 1992 ruang lingkup kesling ada 8 :
    1. Penyehatan Air dan Udara
    2. Pengamanan Limbah padat/sampah
    3. Pengamanan Limbah cair
    4. Pengamanan limbah gas
    5. Pengamanan radiasi
    6. Pengamanan kebisingan
    7. Pengamanan vektor penyakit
    8. Penyehatan dan pengamanan lainnya : Misal Pasca bencana.

jadi setiap semester masih bertemu matakuliah inti dari kesehatan lingkungan sendiri. semoga jurusan yang kuambil mampu aku implementasikan ke masayarakat lebih lebih diri sendiri dulu untuk mempreventif penyakit.

Sekian dari Mahasiswa Kesehatan Lingkungan Surabaya 😀

 

sedikit foto eksis praktikum

 

IMG_20141217_073821IMG20141212202150_2.jpg

 

 

 

 

 

Iklan

Yamaha X-Ride Meluncur Nasional  pada malam ini, pembukaan Yamaha X-ride cukup meriah dengan freestyle BMX

dilansir oleh moto.otomotifnet.com

malam ini Jakarta –Setelah perkenalannya di gunung Merapi, Yamaha X-Ride akhirnya resmi dilaunching ke publik. Kali ini, peluncuran skutik multipurpose Yamaha ini mejeng di sebuah pusat perbelanjaan.Bertempat di La Piazza Mall, Kelapa Gading (30/3), PT Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)  menggelar sebuah panggung besar untuk X-Ride. Karena disinilah Yamaha melakukan peluncuran X-Ride secara nasional.

Yamaha menyajikan banyak aktivitas menarik seperti kompetisi dan performance extreme, display modifikasi X-Ride yang spesial, prosesi launching sensasional, big Harlem Shake dan spesial launching promo Rp 999.999 kompetisi Touch X-Ride.

“Ini merupakan salah satu kreatifitas Yamaha untuk mempromosikan X-Ride di usianya yang masih muda, agar makin kena di hati masyarakat,” papar Eko Prabowo, General Manager Marketing Communication & Community Development.

Sebelumnya, Yamaha sempat menguji ketangguhan X-Ride di Merapi. Ya, dari tampangnya X-Ride punya sosok yang mendukung bagi pecinta offroad. Mulai dari lampu bulat yang terlihat gagah dengan paduan lampu senja berbentuk V. Dan juga lampu belakang yang kalau dilihat mirip knalpot undertail.

Sebagai skutik multipurpose, X-Ride juga layak dijadikan sebagai tungggangan harian. Kontur jalan di Indonesia yang tidak rata diyakini akan memberikan kenyamanan bagi pengendara X-Ride.

Ini karena X-Ride dibekali suspensi cukup mumpuni. Shockbraker depannya lebih panjang, begitu juga shokbraker belakang yang memiliki diameter lebih besar dengan tipe twin tube. Dengan begitu, X-Ride jadi punya ground clearence lebih tinggi. Wah, masih aman nih buat melibas banjir,hehe…

Yamaha X-Ride dibekali mesin 113 cc dan telah menganut teknologi Yamaha Mixture Jet Fuel Injection (YMJet FI), Forged Piston dan DiAsil Cylinder. Soal harga, Yamaha X-Ride dijual dalam tiga tipe yaitu standar (Rp 14,4 juta), special edition (Rp 15 juta) dan adventure edition yang dibanderol Rp 16,565 juta.
dikutip dari : Motor.otomotifnet.com

melanjutkan updatetan dari

YAMAHA X-Ride, Motor Matic Buat Sobat yang Doyan nge-Trail

saya akan melanjutkan soal penjualan motor matic super super garang ini sobaaat 🙂

dikutip semua situs berita, blogger ataupun wordpress soal penjualan motor matic ini sama,

mengapa Varian terbaru Yamaha X-Ride akan diproduksi secara terbatas hanya 1.000 unit pada bulan pertama, oleh Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM).??

inilah jawaban dari Yamaha bahwa merupakan Pilihan limited edition ini diambil sebagai strategi Yamaha Indonesia agar bisa melihat pasar. Nantinya, jika terjadi inden yang cukup banyak akan ada produksi yang lebih besar.

“Pada bulan pertama, kami hanya akan produksi sebanyak 1000 unit, jika terjadi inden banyak kami akan memproduksi berlipat-lipat,” Jelas Dyonisius Beti, Wakil President Direktur Executive PT Yamaha Indonesia Motor Manufacturing, saat peresmian X-Ride di Yogyakarta.

Pihak Yamaha akan menambah produksi jika terjadi inden banyak. Produksi akan ditambah berlipat-lipat sebanyak 5 ribu sampai 10 ribu hingga bulan ketiga.

“Jika terjadi inden banyak, kami akan menambah jumlah produksi sebanyak 5 ribu sampai 10 ribu,” jelas Dyonius lagi.

X-Ride sendiri merupakan varian pertama di Indonesia matic crossover dari Yamaha. Motor ini merupakan kendaraan tangguh disegala medan, baik itu perkotaan mauapun jalan dengan medan-medan berat.

Yamaha Indonesia sendiri menawarkan empat varian warna yaitu Crosser Blue, Skater White, Drifting Black, dan Adventure Black. X-Ride ini siap menghantam pasar pada April mendatang, dengan harga Rp14,4 juta.

 

menengok Xeon RC

disekolahku sendiri udah ada yang makek yamaha Xeon RC dilihat dari body luar, emang body Xeon new ini lebih garang dari sebelumnya 🙂 hehehe

oke langsung aja masuk ke topik

test ride xeon rc-1

dilansir oleh maniakmotor.com, beserta situs yang lain bermunculan membahas produk matic dari yamaha ini,, Yamaha New Xeon RC overstroke (bore 52,2 mm X stroke 57,9 mm) sama seperti Xeon lama. Namun pengaruh injeksi didukung throttle body, reaksi akselersi lebih sedap. Mengukur throttle body sama dengan diameter venturi alur masuk awal udara bebas atau atmosfer pada karbu.  Xeon lama venturinya 26 mm dan throttle body New Xeon RC 28 mm. Itu masih ditambah dengan material piston diasil cylinder  & forged yang ditempa atau dimasak lewat teknologi masa kini.

INJEKSI YMJET-FI  

Lebih halus, tapi respon

Injeksi pada  Xeon RC yang disebut Yamaha sebagai YMJet-FI ini memang ngaruh. Dibuktikan di sirkuit Sentul International Karting (Sentul Kecil), Bogor, Jawa Barat, 9 Januari 2013. Itu dikonvarasi dengan  data speksifikasi. Bahwa  torsinya didapat pada rpm lebih rendah, ya, pasti. Itu bukan menduga-duga alias perasaan, tapi langsung disamakan dengan Xeon lama yang disediakan Yamaha.

Walau akselerasinya berisi, pemakaian bahan bakar akan lebih irit karena teknologi YMJet-Fi. “Kinerja injeksi ini dibantu katup kupu-kupu membuka sesuai tingkat rpm. Misalnya kecepatan di bawah 60 km/jam, udara  yang masuk ke throtlle body sedikit. Karena dipandu Electronic Control Unit (ECU), otomatis bahan bakar ikut menyesuaikan debit udara  yang kecil,” kata Muhamad Abidin, Ast. General Manager Service Division, PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM) di Sentul.

Dipacu joki yang sama, jarak antara 0-50 meter New Xeon RC mencatatkan waktu 5 detik. Sementara pada  Xeon lama perbedaannya hampir setengah detik. Itu bukan dihitung menggunakan mulut brosist, tapi dengan stopwatch. Bisa saja stopwatch-nya keliru, tapi badan yang seperti tertarik tidak bakal keliru merasakannya. Apalagi pengetesnya mantan pemuda berbadan gelap. Sekarang kan sudah berumur.

Aktifnya bukaan awal atau responsif memang terasa, walau sesungguhnya jarak 50 meter terasa kurang. Tapi hanya itu jalur lurus yang tersedia di Sentul Kecil, sebetulnya sih 100 meter. Namun kondisi saat pengetesan aspal  basah, hujan pun gerimis saat sesi pengetesan. Jika dipaksakan, akan jadi bahan tertawaan teman-teman wartawan lain bila kedubrak. Ah, lebih baik cari aman. Jarak yang 50 meter tersebut tercatat kecepatan puncaknya 65 km/jam.

CVT

 test ride xeon-4

Nikung kok takut-takut

Abidin pun menjelaskan, karakter akselerasi yang responsif ditunjang desain belt atau sabuk penggerak CVT, “Saya kurang paham bentuknya seperti apa, yang jelas desain yang baru membuat  pergerakkan belt lebih halus. Konstrukinya disempurnakan agar presisi dengan puli, efeknya grip belt dan puli lebih lengket,” ujar Abidin.  Mestinya bapak bongkar dulu dong, maklum maniakmotor.com memang bertanyanya agak maniak.

Mungkin maksudnya, bentuk landasan sabuk lebih tirus, sehingga ringan pergerakan naik turunya pada puli. Belt yang bersinggungan langsung dengan puli akan pas. “Itu dibantu per kopling agak keras, cepat mendekap saat terima power,” kali ini dijelaskan oleh Bayu Astyawanto, selaku Supervisor Service Education Yamaha Indonesia. Lha…

Walau begitu, saat motor dipacu dari posisi berhenti dan  langsung gas dibuka besar, power naik teratur. Motor masih bisa dikontrol dan dikoreksi oleh awam sekaligus. Coba ala start drag bike dengan memanteng sekitar 4.000 rpm dan rem dilepas, tenaga tetap tersalur lembut, namun cepat. Itu dibanding Xeon lama. Dibanding dengan merek lain, tidak tersedia di Sentul Kecil, brosist. Tapi dengan karakter begini, ini motor nyaman meliuk-liuk di lalu lintas macet. Juga segera tiba ke warung rokok di depan kompleks, termasuk si nona dengan santai memelintir gasnya.

HENDLING GOYANG

Saaat dihandling, memang terasa soal berkurangnya bobot sekitar 3 kg. Motor enteng saat membelah belokan saling sambung di Sentul Kecil. Namun sikit mengganggu ketika motor diajak rebah lebih dalam lagi. Tiba-tiba ada gejala goyang alias limbung.

Bisa jadi ini pengaruh bertambahnya ground clearence atau jarak terendah dari tanah New Xeon RC sebanyak 10 mm ketimbang Xeon  lama. Soal cerita zig-zag ini, percoyo lah. Maklum saat test merek lain bulan lalu selagi hujan di Sentul Besar, media on-line memotret penunggangnya awak maniakmotor.com. Foto ini ramai di dunia maya. Hahahaha…!

Bertambah tinggi karena sokbreker depan lebih panjang 10 mm, sementara yang belakang tetap pada jarak main yang sama.  “Jarak sumbu roda juga direvisi dari tipe lama, lebih molor 5 mm. Ini menambah stabil handling,” tukas Bayu yang berkacamata ini.

Semoga laku seperti kacang goreng yang laris manis tanjung kimpul. Brummmm…! 

maniakmotor.com

Keluar sudah, berita yang sering digembar-gemborkan oleh media terutama pada bagian otomotif roda dua.YAMAHA sebelumnya diberitakan ingin membuat gebrakan dan pasar motor model terbaru dengan konsep motor matic untuk off road atau istilah bebasnya motor matic trail. Dengan adanya YAMAHA X-Ride, mereka siap membuka pangsa pasar baru untuk sebuah model motor matic trail.

YAMAHA X-Ride ini sejatinya sudah keluar di Thailand dengan nama YAMAHA TTXseperti diberitakan oleh Antara. Boleh dibilang motor matic naked ini bakal menjadi idola baru para pecinta motor yang doyan berpetualang di lahan off road, namun tidak menutup kemungkinan bakal digeber di jalanan Indonesia ini. Seperti apa kemampuannya, simak review dibawah ini.

Spesifikasi YAMAHA X-Ride yang disematkan di motor ini adalah mesin satu silinder SOHC berkapasitas 115 cc dan SOHC 2 katup. Jika dilihat dalamnya, rangka dan mesin yang dipakai mengadopsi dari Mio J. Jarak tempuh untuk satu liter bahan bakar diklaim mampu mencapai 55,75 kilometer. Hematnya bahan bakar dipercaya karena adanya  teknologi injeksi YMJET-FI.

Sedikit memang info tentang spesifikasi yang dihadirkan YAMAHA X-Ride ini. Namun sepertinya bakal menarik juga dengan jenis matic namun kemampuan dan model seperti motor trail. Tentang harga YAMAHA X-Ride ini sendiri diklaim akan berkisar antara 11 juta hingga 15 juta rupiah, sebab menurut sumber akan seharga antara YAMAHA Mio J danYAMAHA Xeon RC. Tertarik sobat ?!.

JAKARTA-  Media Test Drive Chevrolet Spin (18/3/13) yang digelar di kota Solo dan Yogyakarta sudah rampung. Tapi angka konsumsi bahan bakar yang dimiliki Spin belum terjawab. 😀
Ketika ditanyakan langsung, Marketing Director General Motors Indonesia Yuniadi Haksono Hartono mengatakan, bahwa kegiatan inilah yang menjadi tolak ukur konsumsi bahan bakar Spin.

Jurnalis pun tertantang untuk mencoba menghitung seberapa irit Spin setelah menempuh perjalanan. Dalam dua hari pengujian, setiap tim (satu tim empat jurnalis) diberi kesempatan mencoba varian yang berbeda.

Okezone coba menghitung konsumsi bahan bakar Spin bensin dengan model hitung-hitungan sederhana. Hanya menggunakan metode berapa banyak bensin yang dihabiskan kemudian dibagi dengan jarak yang ditempuh.

Konsumsi bahan bakar diambil dengan asumsi saat mulai mengendarai semua tangki bahan bakar terisi penuh. Kapasitas tangki Spin adalah 53 liter. Indikator bensin Spin berupa digital dibagi menjadi 12 bar. Satu bar mewakili 4,41 liter bensin. Setelah dua hari perjalanan Spin menghabiskan enam bar, ini menandakan setelah dikalikan 4,41 liter konsumsi bahan bakarnya mencapai 26,5 liter.

Melihat angka odometer, jarak yang ditempuh masing – masing kendaraan selama dua hari sejauh sekitar 250 km. Jika angka ini dibagi konsumsi bahan bakar, maka akan mendapatkan angka 9,43 km untuk untuk setiap liternya.

Tapi General Motors Indonesia punya pendapat lain. Pihak GM Indonesia mengklaim rata-rata konsumsi bahan bakar Chevrolet Spin mesin bensin ada di atas 14 km per liter.

“Tidak mungkin konsumsi bahan bakar Spin mencapai angka seperti itu. Paling tidak konsumsi bensinnya di atas 1:14,” terang Rahmat Septriawan, Deputy Director Product Engineering GM Indonesia ketika dikonfirmasi dengan temuan ini.

Konsumsi bahan bakar Spin ini pun masih belum terjawab dengan pasti, sebelum GMI mengumumkan secara resmi. Atau dilakukan test drive independen dengan mengginakan metode ECO Driving.

Sumber : Okezone.com 🙂

 Rilis resmi mengenai harga Chevrolet Spin memang membuat orang terpancing penasaran dan bahkan berminat untuk membelinya. Pasalnya, harga yang ditawarkan dimulai dari Rp 139 juta.

 Dengannya persaingan di segmen MPV pun kian panas karena selain perang lharga, berbagai fasilitas pun menjadi pembeda dan kian ke depan, setiap produsen mulai menjanjikan pilihan yang kian beragam, termasuk pilihan MPV double blower, transmisi matik, hingga tipe mesin diesel.

Meski Chevrolet Spin siap masuk pada April ini dengan keunggulan double blower dan diesel, Suzuki pun ‘adem ayem’ (tenang saja) tidak lantas kalut. Senjata dengan menawarkan diskon tidak menjadi pilihan.

“(Untuk menyikapi Spin), Kita belum ada diskon (buat Ertiga), bahkan tidak akan memberlakukan diskon,” Susanto Winarto, Sales Strategy Development-Sales 4W PT Suzuki Indomobil Sales di sela-sela penarikan undian program Ertiga Excitest Drive periode ke-9 di dealer Suzuki Dewi Sartika, Jakarta, Sabtu (23/2).

Untuk Spin di Solo The Spirit Of Java sendiri per 12 maret udah ada 12 penginden 1300cc diesel, 54 penginden 1200cc bensin, 72 penginden 1500cc. xixix.. kata salah  seorang teman fb saya, dia penginden nomer 1 se Solo Spin Diesel, dia  bilang terutama 1500cc banyak peminatnya,, karena menurut informasi udah ada transmisi triptonic kyk honda jazz RS soalnya..xixixi..klo yang disel ngindennya dibatasi cm 10unit per kota, tp Solo dibablasin 12 unit hehehe. dia bilang seketika itu, juga dia (temanku) dihubungi pihak Chevrolet untuk bergabung Chevrolet Spin Indonesia. Wuuih langsung ingin Spinnya dikenal oleh masyarakat indonesia, strategi bagus chevrolet, mengingat awal perdananya di indonesia 🙂

dan juga bilang interiornya luas,,dashboardnya keren,  AC triple blower, speedonya kayak Koso, full digital,, mesin dieselnya halus kayak bensin.. Yaah cukup istimewa dikelas SUV nya . saya juga ikut tergiur, hehehe cukup Chevrolet Trooper aja dihati *hehehe 😀

kembali ke topik, Walaupun tanpa diskon, penjualan Ertiga seperti disampaikannya terus meningkat. Hingga kini, permintaan konsumen masih sangat banyak, tetapi secara produksi diakui masih kurang. Sebagai gambaran, Desember tahun lalu Ertiga terjual 3.073 unit, lalu Januari naik jadi 5.467 unit.

Untuk memenuhi permintaan yang tinggi, pihaknya pun akan meningkatkan kapasitas produksi mulai Februari ini supaya memperpendek jarak inden. “Januari kita produksi sekitar 4.500-an unit,” tambahnya.

Ertiga memang pasang harga mulai dari Rp 143.000.000 (tipe GA). Harga ini lebih tinggi sekitar Rp 4 juta dibanding Spin.

Kesimpulannya : Spin memang lebih unggul pula dalam pilihan transmisi karena Ertiga memang kini masih mengandalkan transmisi manual dengan mesin bensin berkapasitas 1.377 cc, DOHC, 16 katup VVT dan didukung Multi Point Injection.

trooper wizard

Mu WIZARD

英語で「魔法つかい」「名手」を意味するミュー・ウィザードは第31回東京モーターショーに参考出品された後、95年12月にデビューしました。ゆとりの室内空間に、フルフラットシート・6:4分割可倒式リアシート・ダブルフォールディング式リアシートなどの多彩なシートアレンジメントと優れた居住空間を持つ、様々なライフスタイルに対応するスタイリッシュなSUV。走行中でも2H⇔4Hの切り替えが可能なシフトオンザフライシステムが全車にに標準装備され、都市とフィールドの両方でのドライビングプレジャーを高めました。
97年モデルでは、電子制御燃料噴射システムが採用され、全域にわたりレスポンスを向上。排出ガスのクリーン化と高い燃焼効率の両立を実現しました。

BIGHORN 1998-2002

CONCEPT

Dd BIGHORN コンセプトイメージ
ENGINEV6 3.5リッターDOHC24バルブガソリンエンジン

自然吸気、レギュラーガソリン仕様ながら、最高出力169kW(230ps)のハイパワーを、3000rpmという常用回転域で314N・m(32.0kg-m)という大トルクを発生し、余裕に満ちた走りを生み出します。瞬時に大量の空気を燃焼室に導入するハイフローストレートポートや、中低速域でのトルク向上のために、可変慣性吸気システム*を採用。さらにイオンセンス式イグニッションシステムによって最適な点火時期を設定し、新開発の電子制御式スロットルバルブとの組み合わせによって、全回転域でフラットなトルクバンド、スムーズな加速感と扱いやすいドライバビリティを生み出しています。これらを制御するマイクロプロセッサには32ビットマイコンを採用し、演算処理 能力を大幅に向上。同時に、燃焼の最適化、デュアル触媒の採用などによって低排出ガス車認定制度に基づく、平成12年基準排出ガス25%低減レベル「良・低排出ガス」をも達成しています。

良・低排出ガスマーク

「良・低排出ガス」認定車。
平成12年基準排出ガス規制値を下回る環境性能を達成した車両に与えられます。
V6 3.5リッターDOHC24バルブガソリンエンジン
6VE1性能曲線図 4JX1(Dd)性能曲線図

コモンレール式直噴3.0リッターDOHCディーゼルエンジン<Dd>
コモンレール式直噴3.0リッターDOHCディーゼルエンジン<Dd>

自然環境への負荷の低減、都市環境の改善などの課題に応えるべく開発されたパワーユニットです。このエンジンはコモンレール式高圧燃料噴射システムを採用。インジェクター内の燃料を加圧し、直接燃焼室に超高圧で噴射するものです。噴射量とタイミングは電子制御によってコントロールされ、全回転域で高い燃焼効率を発揮。従来型の渦流室式に比べ燃費の向上と、それに伴うCO2の排出量の大幅な低減を達成しました。さらにこの直噴式のもつ高い燃焼効率に加え、EGRシステムや酸化触媒コンバーターなどの効果によって、窒素酸化物や黒煙、炭化水素などの有害物質の排出も低減、クリーン化を達成しています。また動力性能に関しては、DOHC16バルブによる高い吸排気効率、アルミ合金による軽量化とフリクションの低減、そしてインタークーラーターボによる過給効果によって、118kW(160ps)/3900rpm、333N・m(34.0kg-m)/2000rpmというパワーと余裕のあるトルクを実現。力強い走行性能を発揮します。また遮音材の多用によって、優れた静粛性も実現しています。なおビッグホーンのディーゼル車は平成17年度の燃費基準を達成しています。
DRIVETRAIN電子制御トルクスプリット4WDシステム(TOD)*

PLAISIR II

優れた効率とドライバビリティを得るためのビッグホーンの駆動方式、それがTOD(トルク・オン・ディマンド)です。後輪駆動をベースに、電子制御により路面状況や走行状態に応じて必要な駆動力を前輪にも 無段階で配分するシステムです。
例えば整備された舗装道路での中低速時には、燃費にも優れ自然なドライブフィールを生む後輪駆動。ハイウェイでの高速走行時には前輪にもトルクの一部を伝え、高い直進安定性を保ちます。

フォトイメージ

さらに悪路や雪道、険しい上り坂などでは必要に応じて前後輪のトルク比を50:50まで近づけ、4WDならではの駆動力と走破性を発揮します。トルクの配分状況は常にメーターパネル内のインジケーターに表示され、ドライバーに走行状況をリアルタイムで伝えます。またインパネ上のスイッチでTODのON/OFFが選択できます。
*ロータスSE、プレジールII に標準装備。
TODはボーグワーナー社の登録商標です。

パートタイム4WD
シフトオンザフライシステム構造図

フィールドスターには信頼性の高いパートタイム4WDを搭載しています。全モデルに装備されたシフトオンザフライシステムによって走行中でも2WDと4WDの切りかえが インパネ上のプッシュボタンで行えます。また、トランスファーレバーによって、より強い駆動力が得られる4Lモードへの切りかえも可能です。

LSD(リミテッド・スリップ・デフ)

後輪の一方がぬかるみなどで空転した場合に、自動的にもう一方の車輪へ確実にトルクを伝えるLSDを設定。滑りやすい路面や悪路での走破性を高めます。
全車にオプション

リアスタビライザークラッチ

通常走行時の安定した走りを生むリアスタビライザークラッチをスイッチで解除することができ、悪路での路面追従性と乗り心地を向上します。
プレジールII スポーツパッケージとしてセットオプション
TRANSMISSION & SUSPENSIONスムーズな走りを実現する、アダプティブ制御採用
フルレンジ電子制御4速オートマチックトランスミッション

フォトイメージ フル電子制御によって、発進から高速走行にいたるまで、滑らかな変速を行います。山道走行などでは、コンピュータが道路の勾配を推定し、上り坂では4速へのシフトアップを抑制してスムーズな走行を、下り坂では3速にシフトダウンしてエンジンブレーキを利用するアダプティブ制御を備えています。ロックアップ機構*1にはロックアップクラッチを運転状況に合わせ自在にコントロールするスリップロックアップ制御*2を採用し、オーバードライブと併せて、全速度域での燃費とドライブフィールアダプティブ制御説明図の向上を図っています。また通常走行のノーマルモードに加え、トルクを有効に活かしたスポーティな走りを生む「POWER」モード、雪道などでスリップしにくい3速発進を行う「WINTER」モードをスイッチで選択でき状況に応じた走りを可能にしています。
*1 ガソリン車は2、3、4速。ディーゼル車は3速、4速。
*2 ガソリン車に設定。

クラッチスタートシステム付5速マニュアルトランスミッション*

エンジン始動時に、クラッチペダルを十分に踏みこまないと、エンジンがかからない”クラッチスタートシステム”を採用 しました。
ギヤを入れた状態でエンジンを始動することによる発進事故を防ぎます。
*5MTは、フィールドスター(ディーゼル車)に設定

フロント・ダブルウイッシュボーンサスペンション&リア・センター4リンク式コイルサスペンション
フォトイメージ

余裕あるサスペンションストロークによる優れた操縦安定性と走破性、高速走行やコーナリング時には、前後輪のスタビライザーが車体のロールをしっかりと抑え込み、 高いスタビリティを発揮するビッグホーンのサスペンションシステム。いすゞの長い経験と蓄積が、SUVとしての高い走行性能を支えています。

個性的な走りを生む、3タイプのサスペンションチューン

フィールドスターに設定された、高い基本性能のオリジナルサスペンションをベースに、ロータスSEには、高級感のあるしなやかで快適な乗り心地のロータスチューンドサスペンションを採用。コーナーでは緩やかなロール感、高速走行時にはフラットな走行感を発揮。同時にリニアなステアリングレスポンスを実現しています。また、プレジールII には、トーションバーやスタビライザーの径、コイルバネ定数など、よりハードにセッティングされたスポーティな味付けのスポーツチューンドサスペンショを採用。悪条件下でも高い走行安定性と走破性を発揮します。さらに、オプションとして、フィールドスターにはよりスポーティにチューニングした「フィールドスタースポーツパッケージ」を設定しています。
245/60R18タイヤ&7JJ×18 245/70R16タイヤ&7JJ×16 245/70R16タイヤ&7JJ×16
245/60R18タイヤ&
7JJ×18
5スポークアルミホイール
(ロータスSEに標準、
プレジールII にオプション)
245/70R16タイヤ&
7JJ×16
5スポークアルミホイール
(プレジールII に標準)
245/70R16タイヤ&
7JJ×16
12スポークアルミホイール
(フィールドスターに標準)
CABIN & UTILITY最大容量2000リットル、フレキシビリティに満ちた大型ラゲッジスペース

ビッグホーンは5人乗りと7人乗り*1の2つのタイプがあり、それぞれに広く機能性に満ちたラゲッジスペースを確保しています。まずリアシートは6:4の分割可倒式。一方を前に倒すことで、リアに座席を確保しながら長い荷物を積み込めるラゲッジスペースを作り出すことができ、リアシートをすべて座面ごと前方に倒せば広大でフラットなフロア面を持つ最大スペースが出現します。ラゲッジスペース容量は通常時は720リットル*2、リアシートをすべて折りたためば、 2000リットル*2と余裕に満ちた大きさを持っています。
さらに段差の無い低いフロアにより、荷物の積み降ろしが 容易なように設計されています。
また7:3の分割横開き式のバックドアは、狭い場所でも機能的で、ドア1枚あたりの重量も軽くなるため、 坂道などでも開閉しやすいように配慮されています。
*1 ロータスSE、プレジールII に設定 *2 ISO3832測定法による数値
Photo:handlign by LOTUS
フルフラットシートPhoto:handling by LOTUS-SE

Photo:handling by LOTUS-SE
*写真は合成したものです。
小物は撮影用のものです。
フルフラットシート

フルフラットシート
(プレジールII スポーツパッケージ、
フイールドスタースポーツパッケージ装着車を除く)
セカンドシートアンダーユーティリティボックス セカンドシートアンダーユーティリティボックス

セカンドシート下に設けられた収納スペースです。アウトドア用ツールやカーメンテナンス用品などの収納に便利です。
カーゴフロアレール カーゴフロアレール

重量物の積み降ろしや移動の際に便利なカーゴフロアレール。フロア面を傷から守ります。(ロータスSE5人乗りに標準装備)
 EQUIPMENT全車共通装備

グレード handling by
LOTUS SE
PLAISIR II FIELDSTAR
●Mechanical
トルク・オン・ディマンド(TOD) ● ●
シフトオンザフライシステム ● ● ●
ロータスチューンドサスペンション ●
オートクルーズ(ガソリン車) ● ● ●
LSD(リミテッド・スリップ・デフ) ▲ ▲ ▲
●Safety & Security
4輪ベンチレーテッドディスク ● ● ●
フロント・ロードリミッター機能付ELR3点式シートベルト ● ● ●
セカンド・チャイルドシート固定機能(ALR)付ELR3点式シートベルト(中央席を除く) ● ● ●
サード・ELR3点シートベルト ●7人乗り ●7人乗り
コーナリングランプ ● ● ●
電動格納式ヒーテッドドアミラー ●ブライト ●カラーキード ●ブラック
オートリターン機能付パワーウィンドゥ(キーオフ後タイマー付)+集中ドアロック ● ● ●
ヘッドランプワイパー & ウォッシャー ●
リア間欠ワイパー & ウオッシャー ● ● ●
●Exterior
オーバーフェンダー ●
ビルトインバンパーフォグランプ ● ●
ロッカープロテクトモール ●
電動スライド式サンルーフ(シェード付) ● ▲
サイドステップ ●
スペアタイヤカバー ハード/
カラーキード
ソフト/
ブラック
ソフト/
ブラック
UVカットグリーンガラス(フロント/フロントドア/リアドア/リアクォーター/バックドア) ● ● ●*1
熱反射プライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/バックドア) ● ●
18×7JJ5スポークアルミホイール ●
16×7JJ5スポークアルミホイール ●
16×7JJ12スポークアルミホイール ●
●Interior & Seating
本革巻きステアリングホイール ● ● ●
レザーパック(本革巻きシフトノブ/トランスファーノブ/パーキングブレーキレバー) ● ▲*1
木目調パネル(ホーンベゼル/インパネ/グローブボックス/パワーウィンドウベゼル) ●
フルフラットシート*1 ● ● ●
フロントキャプテンシート(アームレスト付) ● ●
フロントシートヒーター ● ●
本革シート(フロントパワーアシスト付) ●
●Comfort & Convenience
フルオートエアコン(花粉フィルター・クールバイパス付) ● ●
マニュアルエアコン ●
フィールドセンサー(外気温・方位・気圧・高度) ● ●
バニティーミラー付サンバイザー(運転席/助手席) ●照明付 ● ●
セカンドシートアンダーユーティリティーボックス ● ● ●
カーゴフロアレール ●5人乗り
フロント/リア アクセサリーソケット(DC12V) ● ● ●
電波式キーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付) ● ●
フロント大型カップホルダー ● ● ●
リアアームレスト埋め込み式カップホルダー ● ● ●
CDチェンジャー対応AM/FMステレオラジオカセット ● ● ●
スピーカー 6スピーカー 4スピーカー 4スピーカー
ダイバシティアンテナ ● ●
オートアンテナ ●
寒冷地特別パック(セラミックヒーター/バッテリー2個 [ディーゼル車] ▲ ▲ ▲
●標準装備 ▲メーカー注文装備
*1 バックドアはグリーンガラス。
*2 プレジールII スポーツパッケージとしてセットオプション
EQUIPMENT全車共通装備

Mechanical
・フロント・リアスタビライザー
・エンジン回転数感応型パワーステアリング
・ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション
・センター4リンク式リアサスペンション
・オイルクーラー(ディーゼル車)
Safety & Security
・運転席/助手席フルサイズSRSエアバッグ
・ABS (アンチロック・ブレーキ・システム)
・サイドドアビーム
・ハイマウントストップランプ
・サイドアンダーミラー
・フロント無段階調整式間欠ワイパー(ミスト機能付)
&ウォッシャー
・リアデフォッガー(オートキャンセルタイマー付)
・フロントアジャスタブル・シートベルト・ショルダー
アンカー
*ボディカラー:エボニーブラック、LSを除く
Exterior
・スプラッシュガード
・フロント合わせグリーンガラス(ロータスSEはシェード
バンド付)
・リクライニング機能付分割可倒式セカンドシート
・リアデフレクター
・ウレタン樹脂系中塗り塗装
Interior & Seating
・運転席デュアルハイトアジャスター*3
・デジタルクォーツクロック
Comfort & Convenience
・チルトステアリング
・コーテシランプ(フロントドア)
・ルームランプ&ラゲッジルームランプ
・マップランプ(チケットホルダー付*4)
・サイドデフロスター
・フロント・リア灰皿&シガーライター
・キー抜き忘れ・ライト消し忘れ防止ブザー
・イグニッションキーシリンダーランプ
・グローブボックス(ロック、照明付)
・運転席フットレスト
・チャイルドプルーフ(リアドア)
・リアヒーターダクト
*3 プレジールII スポーツパッケージ、フィールドスタースポーツパッケージ装着車を除く。
*4 サンルーフ装着の場合は、チケットホルダーは装着されません。
SPECIFICATION – handling by LOTUS –

グレード handling by LOTUS
エンジン 直噴3.0リッター
インタークーラー
ターボDOHC16
バルブディーゼル
V6 3.5リットル
DOHC24バルブ
ガソリン
トランスミッション 4A/T 4A/T
車名・型式 いすゞ
KH-UBS73GW
いすゞ
TA-UBS26GW
車型記号()内は5人乗り JSEA(JSE) SEA(SE)
●Chassis & Suspension
フロントサスペンション ロータスチューニング・ダブルウイッシュボーン・トーションバースプリング式独立懸架
リアサスペンション ロータスチューニング・4リンクコイルスプリング式車軸懸架
ショックアブソーバー形式・前後 ロータスチューニング・ガス封入筒形油圧複動式
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク
リアブレーキ ドラムインベンチレーテッドディスク
パーキングブレーキ 機械式後2輪制動
ステアリング形式 ボールナット式(パワーステアリング付)
ホイール・前後 7JJ×18
タイヤ・前後 245/60R16
最小回転半径(m) 5.8
最大安定傾斜角度 右 45°
左 44°
●Fuel Economy
燃料消費率(km/リットル)
60km/h定地走行地.*1
19.1 12.9
燃料消費率(km/リットル)
10・15モード値*2
10.4 7.6
●Weights & Capacities
車両重量(kg)
*4()内は5人乗り
2170(2130) 2070(2030)
車両総重量(kg)
*4()内は5人乗り
2555(2405) 2455(2305)
燃料タンク容量(リットル) 85 85
●Exterior Dimensions
全長(mm) 4750
全幅(mm) 1745
全高(mm) 1840
ホイールベース(mm) 2760
トレッド(mm) 前 1455
後 1460
最低地上高 210
●Interior Dimensions
室内長(mm)()内は5人乗り 2525(1770)
室内幅(mm) 1495
室内高(mm) 1220
乗員定員(人) 7(5)
*1 国土交通省届出値
*2 国土交通省審査値
*3 7人乗りサンルーフ装着車
*4 車両重量および車両総重量は、電動スライド式ガラスサンルーフを装着した場合30kg、寒冷地特別パックを装着した場合10kg、それぞれ増加します。
SPECIFICATION – PLAISIR II/FIELDSTAR –

グレード プレジール II フィールドスター
エンジン 直噴3.0リッター
インタークーラー
ターボDOHC16
バルブディーゼル
V6 3.5リットル
DOHC24バルブ
ガソリン
直噴3.0リッター
インタークーラー
ターボDOHC16
バルブディーゼル
V6 3.5リットル
DOHC24バルブ
ガソリン
トランスミッション 4A/T 4A/T 5M/T 4A/T
車名・型式 いすゞ
KH-UBS73GW
いすゞ
TA-UBS26GW
いすゞ
KH-UBS73GW
いすゞ
TA-UBS26GW
車型記号()内は5人乗り JSGA(JSG) SGA(SG) JSC-W JMC-W SC-W
●Chassis & Suspension
フロントサスペンション ダブルウイッシュボーン・トーションバースプリング式独立懸架
リアサスペンション 4リンクコイルスプリング式車軸懸架
ショックアブソーバー形式・前後 ガス封入筒形油圧複動式
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク
リアブレーキ ドラムインベンチレーテッドディスク
パーキングブレーキ 機械式後2輪制動
ステアリング形式 ボールナット式(パワーステアリング付)
ホイール・前後 7JJ×16
タイヤ・前後 245/70R16
最小回転半径(m) 5.8 5.8 5.8 5.8
最大安定傾斜角度 右  45°  45°  45°  45°
左  44°  44°  44°  44°
●Fuel Economy
燃料消費率(km/リットル)
60km/h定地走行地*1
19.1 12.9 19.1 12.9
燃料消費率(km/リットル)
10・15モード値*2
10.4 7.8(7.6*3) 10.8*4 12.6 7.8
●Weights & Capacities
車両重量(kg)
*5()内は5人乗り
2110(2070) 2010(1970) 2010 2000 1910
車両総重量(kg)
*5()内は5人乗り
2495(2345) 2395(2245) 2285 2275 2185
燃料タンク容量(リットル) 85 85 85 85
●Exterior Dimensions
全長(mm) 4750 4750 4750 4750
全幅(mm) 1835 1835 1745 1745
全高(mm) 1840 1840 1840 1840
ホイールベース(mm) 2760 2760 2760 2760
トレッド(mm) 前 1515 1515 1455 1455
後 1520 1520 1460 1460
最低地上高 210 210 210 210
●Interior Dimensions
室内長(mm)()内は5人乗り 2525(1770) 1770 1770 1770
室内幅(mm) 1495 1495 1495 1495
室内高(mm) 1245 1245 1245 1245
乗員定員(人) 7(5) 7(5) 5 5
*1 国土交通省届出値
*2 国土交通省審査値
*3 7人乗りサンルーフ装着車
*4 寒冷地特別パックを装着した場合、10.4km/Lとなります。
*5 車両重量および車両総重量は、電動スライド式ガラスサンルーフを装着した場合30kg、寒冷地特別パックを装着した場合10kg、それぞれ増加します。
SPECIFICATION – Engine & Drivetrain –Engine

コモンレール式直噴3.0リットルインタークーラーターボ
DOHC16バルブディーゼル
V6 3.5リットルDOHC24バルブガソリン
型式 4JX1 6VE1
種類 直列4気筒直噴式DOHC V型6気筒DOHC
内径×行程(mm) 95.4×104.9 93.4×85.0
総排気量(リッター) 2.999 3.494
圧縮比 19.0 9.4
最高出力(ネット) 118kW(160ps)/3900rpm 169kW(230ps)/5600rpm
最大トルク(ネット) 333N・m(34.0kg-m)/2000rpm 314N・m(32.0kg-m)/3000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射方式 電子制御燃料噴射方式
使用燃料 軽油 レギュラーガソリン
バッテリー型式 115D31R 65D23R
オルタネーター 12V-90A 12V-90A
スターター 12V-2.8kW 12V-1.4kW

Drivetrain

4A/T 5M/T
駆動方式 後2輪・前後4輪駆動 (TOD) 後2輪・前後4輪駆動
クラッチ形式 3要素1段2相形(ロックアップ機構付) 乾式単板ダイヤフラム
トランスミッション
形式
フルレンジ
電子制御
4速オートマチック(ディーゼル)
フルレンジ
電子制御
4速オートマチック(ガソリン)
フルレンジ
電子制御
4速オートマチック(ディーゼル)
フルレンジ
電子制御
4速オートマチック(ガソリン)
前進5速
フルシンンクロ
エンジン ディーゼル ガソリン ディーゼル ガソリン ガソリン/ディーゼル
主変速比 第1速 2.804 2.856 2.804 2.856 3.954
第2速 1.532 1.618 1.532 1.618 2.330
第3速 1.000 1.000 1.000 1.000 1.436
第4速 0.705 0.723 0.705 0.723 1.000
第5速 0.788
後退 2.394 2.000 2.394 2.000 3.918
トランスファー形式 常時噛合遊星歯車式 常時噛合歯車式
副変速比 高 1.000 1.000 1.000 1.000 1.000
低 2.480 2.480 2.050 2.050 2.050
最終減速比 4.300 4.100 4.300 4.100 4.300
※(TOD)トルク・オン・ディマンドはボーグワーナー社の登録商標です。
*1 国土交通省届出値 道路運送車両法による国土交通省届出書数値。
※燃料消費率は公的試験条件下での数値です。実際の走行時にはこの条件(気象、道路、車両、運転、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率が異なってきます。
*2 国土交通省審査値モード走行時における燃料消費率の表示は、順次「10モード」から「10・15モード」に切替わります。「10・15モード」は都市内高速走行等が加味されているため、同じ車両で測定した場合「10モード」より平均的には10%程度高い値(自工会調べ)となります。
◎エンジン出力表示には、「ネット」値と「グロス」値があります。「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。同じエンジンで測定した場合、「ネット」は「グロス」よりもディーゼルエンジンで約10%、ガソリンエンジンで約15%程度低い値(自工会調べ)となっています。
◎本仕様は改良のため予告なく変更することがありますのご了承ください。
◎ボディカラー、インテリアカラーは、撮影条件、及び画面の都合上、実際の色と多少異なって見える場合があります。
◎掲載の車両は撮影用のものであり、実際の車両とは異なる場合があります。森林、河原、海辺にはたくさんの小動物や植物がいます。自然の中にむやみに踏み込んだり他の人の迷惑にならないように気をつけて4WDドライブを楽しみましょう。4輪駆動車の走行性能は路面状況に、整備状態やドライバーの運転技術などによって異なってきます。過信せず、無理な走行を避け、安全運転を心がけましょう。
◎この内容は2001年6月現在のものです。
Photo Galerry

BIGHORN 1991-1998

“新型ビッグホーン”登場(1991å¹´)

3ナンバー専用のゆとりあるワイドボディー、新開発の最高出力200PSを誇る3.2リッターV6DOHCガソリンエンジン、3.1リッターターボディーゼルエンジン125PSを搭載するとともに、快適な乗り心地、高い操縦安定性を両立した信頼性の高いサシペンションシステム、外装、内装、メカニズムを一新。高級感のある「ハンドリングバイロータス」アクティブな「イルムシャーRS」スポーティーな「イルムシャー」基本性能が充実した「ベーシック」の個性的な4グレードを設定して登場。ロングは12月3日、ショートは翌92年3月より発売しました。ロングは12月3日、ショートは翌92年3月より。

92~93日本カー.オブ.ザ.イヤー
選考委員会特別賞を受賞

この受賞を記念して、ハンドリングバイロータスをベースに専用ボディーカラー、専用シート/トリム生地の採用やフルオートエアコン等の装備を充実した「ロータスリミテッド限定特別仕様車」を設定。500台の限定で3月6日より全国一斉発売しました。

 

ディーゼル乗用車平成6年排出ガス規制にクラス初の適合(1993年)

当時、新たに設定されたPM〈粒子状物質)の規制に対してクラス初の適合を達成し、エアコンの新冷媒HFC 134aの採用も相まって、環境問題にいち早く対応しました。同時に最上級グレード「ハンドリングバイロータスSE」、従来の「ベーシック」に代わる、基本性能に一層磨きをかけた「LS」を新設定。10月1日より発売しました。

LSフィールドスター限定特別仕様車を発売(1994年)

6月3日、LSをベースに欧州向けオリジナルボディーカラーをはじめ、ブロンズ&プライバシーガラスを採用。マニュアルエアコン、電動格納ヒーテッドドアミラーなどの標準装備の充実を図りながら、お買い得の価格設定として発売しました。また、9月2日には第2弾として、革巻ステアリングホイール、イルムシャー用シート生地の採用や、ロッカープロテクター、スプラッシュガード等を装着。より欧州向けに近い仕様とし、さらにショートボディタイプも追加しました。

ビッグホーンを大幅改良(1995年)

好評の3.1リッター4JG2型ディーゼルエンジンに、新開発の電子制御燃料噴射ポンプを採用してスモーク(黒煙)の大幅な低減を実現しました。同時にクラストップレベルの最高出力135ps、最大トルク30kg・mを達成。また実用性の高いパートタイム4WDとして走行中(100km/h以下)に2WD~4WDへの切り替えを可能にする「シフトオンザフライシステム」、電子制御によって前後輪への駆動トルク配分を適切にコントロールし、抜群の操縦安定性と悪路走破性を誇るトルクオンディマンド(TOD)などによって、商品力の向上を図りました。
オーバーフェンダーの採用などによりスポーティーな外観、手頃な価格の新グレード「XSプレジール」も追加し、6月10日より全国一斉発売しました。

より安全性、基本性能を充実。(1996年)

従来ロータスSEに装備され好評のトルクオンディマンド(TOD)を新登場のイルムシャーll及びXSプレジールllに搭載、また全車に両席フルサイズエアバックを標準装備し一層充実した装備でニーズに応えます。TOD搭載車にはABSも標準装備。7月6日より全国一斉発売しました。

 

puputnuryadi

A great WordPress.com site

dikihandsome

A great WordPress.com site